RSS | ATOM | SEARCH
こけし博番外編 〜丸萬〜
 京都に行くならぜひ立ち寄りたいスポットの紹介です。
伏見にある材木店、丸萬です。
広大な敷地に木材が山ほどあります。
木が好きな人なら一日居ても飽きないテーマパークです。

今回もこけし博ついでにお買い物してきました。
年に一回くらいしか行かないのにお店の方がカガモクのことを覚えていてくれて、
多摩ナンバーの車で来るお客さんが珍しいようです。

工房内も広くて整理整頓されています。
こけし雑貨にも使うサクラやカエデなどを購入しました。
上の写真は3m超のカエデの一枚板を車に入る大きさにカットしてもらっているところです。

工房内にある薪ストーブ。
おそらく燃料コストゼロ。

子連れで行ったらお土産に木のおもちゃをいただきました。

このときに買った板がこけし博で陳列用の棚として即戦力で大活躍。
こけし博の話をしたら材木店の方も当日遊びに来てくれました。

材木店というと業者向けで素人は行きにくい印象があるかもしれません。
でもこちらのお店はとっても親切ではじめての方も安心でオススメですよ。


author:コウジ, category:京都での活動, 21:17
comments(0), trackbacks(0), - -
お買い物 ぶらり京都編
 こけし博も無事に終わり、京都の懐かしの場所(ややマニアック)を自転車であちこちまわってきました。

まずは、いつ閉店してもおかしくなさそうな雰囲気を漂わせつつちゃんと営業を続けているトヨダヤです。
店主の方もお元気そうで安心しました。

ここで手に入れたのが、
店内で無造作に転がっていたこの一品。

作者が1961年没なので少なくとも50年以上前のもののようですね。


続いて訪れたのは、國島器械。

店内に実験器具がならびます。

丸っこい形がかわいかったのでアルコールランプを購入しました。
コーヒーサイフォンやミルクの温めに使おうかと思います。


次はコーヒー豆販売のアラヤです。
わたしがコーヒー焙煎をはじめた当初はこちらの豆でいろいろ研究させてもらいました。
ここではブラジルサントスの豆を1kg購入。


コトコトこけし博主催のはなめがね本舗さんも交代で店主を務める町家古本はんのきにも足を運びました。
退屈で表に出てきた今日の店主(古書思いの外)。

たまたま(?)お客さんが誰もおらず静かで落ち着く店内。
建物は築100年くらいだそうです。

他の共同経営者に気を遣いながらさりげなくこけしをアピールしている感じがいいです。
ここで以前卸した自分のこけしグッズの売れ残りにも再会。
はやく旅立ってほしいところです。

こけし博のフライヤーも担当したぱんたまさんの本を購入しました。



やはり京都はいいですね。
古くからある個性的な店を自転車ひとつであちこちまわれます。
仕事を口実にまた訪れたいので京都でワークショップを考えている方は気軽に声をかけてください。
東寺のガラクタ市に行きたいから第一日曜周辺がいいな、なんてわがまま言ってみました。
そして、自転車を快く貸してくれたmocomococafe店主のくろちゃんありがとう。

author:コウジ, category:京都での活動, 22:54
comments(0), trackbacks(0), - -
古いモノ


モコモコカフェの近くにある穴場オススメスポットのトヨダヤです。
京都を訪れる際はガラクタ市とならんでチェックしたいお気に入りのお店です。


骨董というか古道具屋さんですが、店の中は物がいっぱい山積みになっていて8割がた手にとって見ることができません。

新しく仕入れた物は店内に入りきらずに店の前に並べているので、いつも通りがかるだけで新しい物が入ったかどうかわかるので便利です。

店のおじいさんもかなりの骨董で、あまり動かないので心配になることがありますが、お話するとしっかりと受け答えしてくれるので安心します。  (写真奥にちらりと横顔)


今回の掘り出し物は英国製のアンティークなコーヒーミルとピッチャー。
おしゃれなアンティークショップで買うとかなりの値段がしそうな代物ですが、さすがの掘り出し価格で購入できました。

author:コウジ, category:京都での活動, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -
イカづくし

カガモク製品を唯一販売している京都のモコモコカフェ。
たまに売れるので作品を補充してきました。


その日はカフェでイベントがありました。
隠岐の海士町から届いたイカの料理。
イカ飯やはらわたチャーハンなどイカづくし。
カフェ中にイカの匂いが充満してました。


author:コウジ, category:京都での活動, 23:31
comments(0), trackbacks(0), - -
週末京都2
RIMG0070.JPG
今回も行ってきましたガラクタ市。
古い大工道具を仕入れました。
RIMG0073.JPG
鉋も鑿もかなり使いこまれていていい感じです。

RIMG0054.JPG
こちらはマジョリカタイル。
京都で最も有名な銭湯、船岡温泉の内装に使われているものです。
京都に在住していたときは毎日銭湯通いだったのですが、京都に戻ったついでに久しぶりに足を伸ばしてみました。
タイルだけでなくて脱衣所の欄間や檜の露天風呂があったりと銭湯とは思えない銭湯です。
東京でも銭湯通の知人に教えてもらってまた銭湯にも通ってみようと思います。
author:コウジ, category:京都での活動, 21:42
comments(0), trackbacks(0), - -
週末京都1
RIMG0045.JPG
mocomococafeに商品を卸してきました。
お客さんに出すお箸もカガモク製のものを使ってもらうことになりました。
これで少しはカガモク製品が世間の目に触れる機会が増えるでしょうか。
実際に見てもらったり使ってもらったりして感想などが聞けるとうれしいですね。
今後しばらくはcafeの営業時間内は展示販売してしていく予定です。

RIMG0052.JPG
それからmocomococafeが「Leaf」という京都・滋賀の情報誌の7月号に掲載されました。
自分たちが作ったものがこうして雑誌に取り上げられるというのはやはりうれしいものですね。
カガモクとmocomococafe、これからお互い刺激しながらともに成長していけるといいなと思います。

author:コウジ, category:京都での活動, 20:58
comments(0), trackbacks(0), - -
朝からガラクタ市

ギャラリーの当日の朝、じつは早朝から東寺で開催されているガラクタ市に足を運んできました。
朝の7時ですでにたくさんの人出。弘法市に負けず人気の市です。
金をだせばいいものが手に入るのは当たり前、いかに掘り出し物を探し当てるかがこのようなガラクタ市の醍醐味ではないでしょうか。
いろいろ物色して珍しい形の彫刻等やカフェで使えそうなグラスなど仕入れて帰りました。
author:コウジ, category:京都での活動, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
一日ギャラリーの一日

5月2日に京都にある小門光男木彫記念館での一日ギャラリーに出展してきました。
10人の作家さんによる合同の催しでした。
いろいろな分野の出展品、個展とは違って見に来てくれるお客さんも様々で多くの人に目を通してもらうよい機会になったと思います。
ギャラリーとしては今回が初めての出展だったのですが、主催のコッコ・アトリエの方々の温かい雰囲気に包まれてホームパーティーのような楽しい一日を過ごすことができました。
author:コウジ, category:京都での活動, 23:14
comments(0), trackbacks(0), - -
mocomococafeについて

手作りカフェ。
mocomococafeはこの春から本格営業を開始したばかりの京都にあるちょっと変わった町屋カフェです。
京都での仲間達と一緒に力を合わせて作ったお店です。カウンターやテーブル、看板など木に関する部分の改修や設置を主に僕が担当しました。
カフェの経営なんてみんなほんとに素人だったんですが、一から勉強してみんなで試行錯誤しながら約一年がかりでオープンにこぎつけました。
コーヒーも自家焙煎で手作り感を大切にしたアットホームなカフェです。
mocomocoのメンバーと出会ってから京都での活動が大きく広がりました。いろんな人との交流や木工作業の機会を与えてくれました。京都からは遠く離れてしまいましたがこれからも関わっていきたい大切な仲間です。
カフェはまだまだはじまったばかり、これからどんなふうに発展していくか楽しみです。
・mocomococafe http://mocomococafe.jugem.jp/
author:コウジ, category:京都での活動, 00:20
comments(0), trackbacks(0), - -
京都を離れて

思い出の残る京都を離れ東京は国分寺に移り住んできました。
木工や手作りカフェに関するこれまでの京都での活動とこれからの東京での活動を報告していきます。
author:コウジ, category:京都での活動, 22:38
comments(0), trackbacks(0), - -