RSS | ATOM | SEARCH
里山カフェ 10/27より

鳴子温泉の魅力を伝えるべく様々な活動をしている『さとのわ』主催の期間限定イベントのお知らせです。
カガモクからは喫茶用のコーヒー豆と販売用のこけし雑貨を少々提供しております。
私自信も初日の27日は会場に滞在予定です。
会場は尿前の関の近くにある築160年にもなるという立派な古民家です。
鳴子といえば温泉街というイメージですが、こちらの古民家は里山というイメージにぴったりで、鳴子の違った一面を感じさせてくれる場所です。
ランチメニューやカフェメニューもとっても魅力的です。
ちょっぴり試食をいただいたのですが、まさかシソがあんな風にスイーツになるなんて、と驚きのうまさでした。
ぜひ会場に足を運んでください。

「里山カフェ」

日にち : 2015年10月27日(火)〜11月3日(火・祝)

営業時間 : open 11:00 〜 close 16:00
(ランチ提供時間 : 11:30~14:00)
 
会場 : 鳴子温泉郷、尿前(しとまえ)地区の旧家「大家(おおいえ)」
(宮城県大崎市鳴子温泉字尿前140)
 
メニュー : 新米の日替わりランチ
(ごはん、おむすび、お惣菜、具だくさんお味噌汁)
 
author:コウジ, category:カフェ, 21:32
comments(0), trackbacks(0), - -
ドリップ用ポット
 
コーヒードリップ用のポットです。
銅のコップに注ぎ口をつけて、木で蓋と持ち手を加工しています。
注ぎ口の径は6mmでじっくりゆっくりドリップするには最適です。
容量は200ccほどで一人分にぴったりのサイズです。

こちらは普段愛用しているこけしポット。
我ながら非常に使い勝手がいいです。

でも材料の銅のコップのいいのがなかなか手に入らないんですよねー。
author:コウジ, category:カフェ, 21:29
comments(0), trackbacks(0), - -
月に3日だけの里山カフェ 
鳴子では珍しくおしゃれなカフェスポットの紹介です。

 
川渡にある温泉宿みやまにて月に3日だけ開催されるという里山カフェに行ってきました。

焼き菓子アンサンブルRico,Ryoさんたちによるケーキとお茶がいただけます。


器は陶芸家の酒井蘭子さんの作です。

宿の裏手から少し歩いて森を抜けたところにウッドデッキがあり、こちらでも飲食可能だそうです。
ものすごい解放感。
天気がいいと食べたあとそのまま昼寝もよさそうですね。

カフェ利用者はみやまでの日帰り入浴も割引で利用できるそうです。
みやまのお湯はやわらかくて温度もあまり熱くなく、長く入っていてものぼせないいいお湯です。
こちらもぜひご利用ください。

里山カフェは来月も開催されるようですよ。
開催日 6月13日(木)、14日(金)、15日(土)



author:コウジ, category:カフェ, 18:36
comments(0), trackbacks(0), - -
隠れた人気商品 木製紙コップホルダー
以前ブログでほんの少しだけ紹介しただけだったのですが、
このところよく問い合わせをいただく商品があるので改めて紹介したいと思います。
紙コップホルダーです。
ろくに宣伝もしていなかったのですが、意外に反応が多く驚いています。
 
初期のころより改良して持ち手と輪っかの部分が分離できるようになり、
コンパクトに収納できるようになりました。
紙コップは7オンスサイズ(約205ml)の最も一般的なものに適合する大きさです。
たくさん収納する場合はオプションでスタンドもあります。
一枚の厚さが約7mmなので重ねて保管してもあまり場所をとりません。
オフィスやショールームなどで使うとちょっとおしゃれだと思います。


*紙コップホルダーは材料が残り少なくなってしまったため、現在ご注文の受け付けを一時中断しております。
注文受け付けを再開する場合はまたブログ等で連絡いたします。(2015/9/13)

 
author:コウジ, category:カフェ, 18:32
comments(30), trackbacks(0), - -
コーヒーサーバー
 最近、こけし関連の記事ばかり載せていましたが、
カフェグッズもコツコツ作っていますよ。
写真は、コーヒーサーバーと、コーヒーメジャースプーンです。
コーヒーサーバーの取っ手と蓋が木製のものはかなり珍しいと思います。
ウォールナットやブナなど、樹種の違いで蓋とつまみの色を変え、見た目もなかなかオシャレに仕上がっています。
メジャースプーンは一本の材から削り出し、一杯がコーヒー豆約10gになるように作っています。
こちら、国立コーヒーロースターさんで入手できます。
おいしいコーヒー豆とのセットで贈り物としてもぴったりです。

遠くて行けないよー、という方は、直接ご連絡くださいね。
kagamoku*gmail.com(*を@に変えてメールしてください)



author:コウジ, category:カフェ, 21:28
comments(0), trackbacks(0), - -
こけしコーヒー初出荷
本業は木工のはずなのになぜかコーヒー豆の注文がきました。

趣味の延長でやってる自家焙煎コーヒーですがまあまあうまいとの評判なのです。
リーズナブルでうまいコーヒー豆がほしいとの要望だったのですが、いったいうちを何屋だと思っているのでしょうか。

とはいえ売られた喧嘩に逃げるわけにはいかないのでさっそく焙煎しました。
手作りハンドロースターでパチパチのピチピチ。



今回はグアテマラの豆を浅煎りと深煎りの2種類で用意しました。
同じ豆での焙煎による味の違いやブレンドなど楽しんでもらえればと思います。

ちなみに袋に付いてる変なマークはイメージ先行で作った『こけしコーヒー』のロゴマークです。
木製カフェグッズと絡めてこれから売り出していこうと画策しているところです。
author:コウジ, category:カフェ, 20:45
comments(0), trackbacks(0), - -
水出しコーヒー2011
 

こちらは高幡不動の骨董市で入手したガラス容器。
昔の点滴に使用したもののようです。


以前別の骨董市で入手した分液ロートと組み合わせて
吊り下げ式の水出しコーヒーシステムに。

今年も暑くなりそうな夏に向けて、アイスコーヒー用に活躍しそうです。
author:コウジ, category:カフェ, 23:20
comments(0), trackbacks(0), - -
衝動買い
骨董市で衝動買いしてしまいました。
急須、家にはたくさんあるのに。


南部鉄器の急須。
桜の樹皮模様で本体もやや赤みを帯びた色合い。


ふたには桜の花の模様が。
サイズも小さめでかわいかったので思わず購入。


桜の敷物とアレンジしてお茶をいただきました。
author:コウジ, category:カフェ, 18:01
comments(0), trackbacks(0), - -
分液ロートの使い道
RIMG0143.JPG
以前、滋賀県の近江八幡にある古道具屋さんでみつけた分液ロート。
なにかに使おうと思ってずっととってあったんですが、ようやく使い道ができました。
水出しコーヒーのドリッパーの部分として使用してみました。
専用のスタンドを木工で製作して、その下で抽出した液体をメスフラスコで受ける形です。
理科の実験みたいで楽しいですね。
RIMG0153.JPG
浸け置きタイプの水出しコーヒーもありますが、ポタポタたらすタイプのほうが浸透圧の関係でよく抽出されるようです。
ポタポタのほうが見た目にも面白いですしね。
水出しって抽出するのにお湯を沸かすためのエネルギーを必要としない分、考えようによってはエコですよね。
あ、でもアイスコーヒーにするには冷やさないといけないし、ホットで飲むのには結局加熱するしやっぱエコじゃないですね。
エコ派の方は抽出してそのままのぬるいコーヒーをどうぞ。

author:コウジ, category:カフェ, 19:07
comments(0), trackbacks(0), - -
ほのかな甘い香り
RIMG0032.JPG
今日は新しいコーヒー豆を仕入れたのでさっそく焙煎してみました。
銘柄はブラジルの『ハニーショコラ』です。
生豆の状態は以前使用したことのあるサントスNo.2と比べて粒ぞろいできれいな印象です。
RIMG0020.JPG
150gほどを手作りハンドロースターで焙煎。
いつもより焙煎中の煙の匂いもなんとなく甘い感じ。
豆特有の風味が出やすいということでやや深入りに仕上げてみました。
author:コウジ, category:カフェ, 20:37
comments(0), trackbacks(0), - -