RSS | ATOM | SEARCH
「ごはんと雑貨 モクジ」、国立にオープン!

カガモクが以前暮らしていた町、国立に「ごはんと雑貨 mokuji モクジ」がオープンしております。


オープンさせたのは見た目がこんな感じのお二人。(*あくまでもカガモク目線での勝手なイメージです)
料理人とイラストレーターがコラボしたなんだか楽しそうなお店です。
カガモクの良き理解者で、某駅中のイベントでは大変お世話になりました。
東京でのアンテナショップとしてこれからいろいろカガモク作品を送り込む予定です。
関東近辺のカガモクファンの方はごはんを食べたり雑貨を買ったりしに行ってください。



ごはんと雑貨 モクジ
〒185-0032 東京都国分寺市日吉町2-23-20 シャルムビル102  
TEL : 042-573-0575
営業時間 12:00 - 22:00 ( L.O 21:00 ) / 定休日 : 月曜日・火曜日
author:コウジ, category:その他, 17:32
comments(0), trackbacks(0), - -
カガモク、鳴子人になりました。
6月末に東京を離れ宮城県は鳴子温泉に引っ越しました。
荷物も徐々に片付き少し落ち着いてきたところです。

鳴子温泉郷は5つの地域からなり、カガモクが越してきたのは玄関口にあたる川渡温泉になります。
とってもいい感じに鄙びています。


仮設の工房。

とりあえずは仮設の工房を設置し、いずれは工房兼お店を構えられるように徐々に準備を進めていく予定です。
これまで東京では作業場が3畳しかありませんでしたが、3坪にグレードアップしました。
近所迷惑を気にしながら作業していたのですが、これからはのびのびやれそうです。

カガモクが鳴子に移住した目的はまずは自分たちが幸せに暮らすことですが、
その次くらいに鳴子の魅力を伝え、都会からも多くの人たちに足を運んでもらえるような場所を作りたいという思いがあります。
なので、これから都会の人たちがうらやましくなるような出来事や情報など、いろいろ報告していければと思っています。

まだお店はありませんが、同じ川渡温泉内のカガ屋では一部カガモク商品を販売しています。
通りかかる機会があれば覗いてみてみてください。
 
author:コウジ, category:その他, 22:24
comments(0), trackbacks(0), - -
ちょっとしたお知らせ
東京で仮の暮らしをしていたカガモクですが、
今月末をもっていよいよ鳴子に移住することになりました。
鳴子は妻の生まれ故郷です。
関西出身でこけしとは縁もゆかりもなかったのですが、
妻と出会ったことをきっかけにこけしとも出会うことになりました。
結婚当初からいずれは鳴子で暮らしたいという妻の夢があり、
その夢につながるようなことがなにかできないかと考えたのがこけし雑貨を作り始めたきっかけです。
妻の生まれた地がたまたまこけしの産地でなければ今のカガモクはなかったのです。

鳴子がどういう場所かというと、温泉があり、伝統こけしがあり、
紅葉をはじめとして豊かな自然があり、冬には大雪が降り、おまけに高齢化や過疎化もあります。
長所も短所もありますが、結局のところ大都会に勝る大きな魅力を感じるのです。
すでに飽和して行き詰った感のある街を離れて、未来への可能性を秘めた田舎に移り住むことにしました。
鳴子の地であんなことやこんなことができたらいいなと考えていますが、現実はそう甘くもないかもしれません。
ですが、希望のある限り理想の実現に向けて前に進んでいきたいと思っています、今のところ。
author:コウジ, category:その他, 19:26
comments(4), trackbacks(0), - -
かき氷を食べに。
 
猛暑が続く中、うまそうなかき氷を求め茨城の古河まで行ってまいりました。

栃木のお菓子職人FLOUR BASE 105さんが不定期で出店してるお店です。
普段は焼き菓子を焼いておられますが、夏場はかき氷屋さんに変身するそうです。
この日は3ban-senという古道具と雑貨やさんの店先で出店です。

イチゴまるごとゴロゴロ。

モモも果肉たっぷり。

このほかにもおうちの畑で採れたものを利用した自家製のシロップが16種類。
かき氷の常識を覆すシロップというか、具。
感激のうまさです。
これまで食べた着色料で色を付けただけのかき氷はなんだったんだろうと思います。
あちこちイベントなどに出店しているみたいなので気になる方はチェックしてみてください。
おススメです。
いつか焼き菓子のほうも食べてみたい。

3ban-senの店内に入るとたまたまお友達のJUNOさんのバッグと服が売ってました。
JUNOさんの服の横にUNOが。
author:コウジ, category:その他, 20:10
comments(1), trackbacks(0), - -
JUNOさんの個展
 国立のみんなのアトリエの仲間、刺繍作家のJUNOさんの個展がじゃらんじゃらんの森にて開催されています。「junoの春物展

春らしい作品が並び、いつものじゃらんじゃらんの森とは違う雰囲気です。

木のボタンを使った作品。

以前コラボ企画でカガモクも製作に協力したサクラの木のボタンを使ってくれています。

まったく別の分野の作家さんにこういった形で協力できるのもうれしいですね。
個展は明日までです。



author:コウジ, category:その他, 22:06
comments(0), trackbacks(0), - -
すみだ川「ものコト市」に出店しました
墨田区にて「ものコト市」に出店してきました。


会場は牛嶋神社です。


モウ〜。


あのツリーもすぐそばです。


今回のために用意した新作、こけしつまようじスタンド。
東京見物とばかりに、記念写真をパチリ。
ツボにはまってくれた方(少数)には大人気の商品となりました。

たくさんの手作りの品が集結した市。
こういう場所ではお客さんとの距離が近く、カガモクのちょっとくだらないグッズ達を
眺めては面白い反応をしてくださるのを間近で観察できるのが何より楽しいです。

次はどんな新作が現れるでしょうか。
ご期待ください!

author:コウジ, category:その他, 21:57
comments(0), trackbacks(0), - -
すみだ川ものコト市に出店します!
 
どこかで見たことのあるようなシルエット。
これはもしかして・・・。


じゃじゃ〜ん!


こけしつまようじスタンドでした。

ということで、明日10月6日(土)すみだ川ものコト市に出店します。
東京なんとかツリーのほど近く、墨田区の牛嶋神社にて開催されます。
カフェグッズやこけし雑貨を持って行きます。
手作り市への出店は初めてなのでどんなお客さんが来てくれるか楽しみです。
はたしてカガモクの作品がこけしマニアじゃない一般のお客さんに受け入れられるのかどうか。
author:コウジ, category:その他, 22:48
comments(0), trackbacks(0), - -
ヒジサイでワークショップ参加しました。
 益子ではなめがね本舗の「おいしいを作る本と道具展」の合間に、
ヒジサイのワークショップに参加してきました。

こちらは光る泥団子ワークショップ会場。
見本のツルピカ泥団子がならびます。

牛乳瓶でくるくる回していくとだんだんツヤが出てきます。

参加者みんなで磨いている様子はちょっと新興宗教っぽいですね。

完成したのがこちら。
なんだかお月さんみたい。
木も土も磨けば光るんですねー。

続いては苔玉作りの会場へ。
やさしく指導してくれる吉川園芸さん。
苔玉を作ってから苔玉に合うお皿を探して町を歩いたりできるのも、
陶器で有名な益子ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

カガモク流にちょいとアレンジして、コケ(シ)玉完成〜。

泥団子に苔玉と、丸いもの続きのワークショップ体験でした。
そういえば当日は中秋の名月でした。
丸いものに惹かれたのはそのせいかな?

author:コウジ, category:その他, 21:24
comments(0), trackbacks(0), - -
益子におでかけ
 竜巻騒ぎから数日後の益子におでかけしてきました。
コトコトこけし博でお世話になったはなめがね本舗の益子店が目的地です。
まだ開店して数か月のぴかぴかのお店です。

表通りから少し中に入ったところに看板を発見。

一見おしゃれな個人住宅ですが、中に入るとこけし関係のものや本が並んでます。
ちゃんと古本屋さんです。
店主のマスダさんの朗らかな人柄もあって店内はゆったりした雰囲気です。
中にはこけしトークを小一時間ほどして帰るお客さんもいるとのこと。
北関東のこけしファンにはぜひおすすめのスポットですよ。

せっかく益子に来たので陶器も見てきました。
共販センターではジャンボたぬきがお出迎え。

トイレの壁面を埋め尽くす陶器。
さすが陶器の町ですね。
author:コウジ, category:その他, 15:08
comments(0), trackbacks(0), - -
久々の骨董市 奈良こけし?
 久しぶりに骨董市に足を運びました。

中野駅から歩いて新井薬師の骨董市へ。


なかなか落ち着いた雰囲気の会場の様子。
外人さんもちらほら見かけました。

やはりこけし関係に目が行きます。
こちらは五重塔や鹿が描かれている奈良こけし。
奈良ってこけしあったっけなあと思いつつ新井薬師を後にし、
まだ買っていなかった『こけし時代3号』を求め中野ブロードウェイに向かったのでした。

author:コウジ, category:その他, 21:39
comments(0), trackbacks(0), - -