RSS | ATOM | SEARCH
共同浴場って素晴らしい。

川渡は温泉地です。
自宅に風呂がなく、みんなで共同浴場を利用します。
住民同士はだかの付き合いです。
「おばんです〜。」
このはだかの付き合いが地域のコミュニケーションの場として重要な役割を果たしています。
たまにこけし工人さんともはだかでコミュニケートしますよ。

ちなみにお湯は源泉かけ流しで湯の花も浮くような贅沢な内容です。
これが一日中いつでも入れます。
朝の草刈りの後に一風呂浴び、仕事の後にも汗を流してと、入り放題なのです。
おかげで移住してから肌が若干つるつるになった気がします。
地域外の方でも200円で入れますので、お湯は熱めですが温泉好きの方はぜひ試してみてください。
しかし地元の方は熱いお湯が好きです。
熱湯コマーシャルに出てもいいリアクションもせずに普通に浸っていると思います。

近頃は自然エネルギーなどが流行っていますが、共同浴場なんかはその最先端を行くのではないでしょうか。
熱交換器などを要さず源泉をそのまま利用するので、設備投資や維持費も含めて考えてもエネルギー効率は非常に高いと思います。
各家庭で一人か二人が風呂に入るのに何十リットルものお湯を沸かしてすぐに捨てることを考えれば、共同浴場の活用は地域全体でみるとものすごいエネルギー節約です。
お風呂に要するガス使用ゼロです。
たとえホルムズ海峡が封鎖されても風呂に入れます。
こんなにすごいことなのにあまり注目されないのは、きっとお金があまり動かないからだと思います。
つまり電気や熱を作って売ったり買ったりの自然エネルギービジネスとしては成立しにくい。
だれの儲けになるではなく、ただ地域の人々の役に立っているのです。
ビジネスになるといろんな利害がからんだりしますが、こういう地味でシンプルなエネルギー利用が本来は最も重要だと思います。

エネルギー問題が取り沙汰される前からこの最先端の取り組みを行っているなんて、田舎ってほんとに素晴らしいですね。
共同浴場を普段から利用している方たちはこのことをもっと誇りに思っていいのではないでしょうか。
author:コウジ, category:鳴子, 23:12
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:12
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://kagamoku.jugem.jp/trackback/309