RSS | ATOM | SEARCH
杉のカウンター材

 

某B温泉から譲っていただいた杉の材です。

木工好きの先代が大切に保管していたものです。

なるべく地元にゆかりのある素材を使いたくて譲っていただきました。

おそらく何十年か保管されていたものです。

 

カンナをかけるときれいな木肌が現れます。

見た目がどんなに古くても、一皮剥けば生き生きとした表情が出てくるというのが、木という素材の素晴らしいところだと思います。

 

割れのある部分にちぎりを入れます。

リボン型に加工した黒檀の材を埋め込みます。

 

節のある部分は難儀しましたがなんとかカンナをかけ終わりました。

これを最終的には漆の後継者育成で来ている地域おこし協力隊に協力してもらって、拭き漆で仕上げる予定です。

仕上がりが楽しみです。

 

author:コウジ, category:お店, 06:10
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:10
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://kagamoku.jugem.jp/trackback/367